乳がん検診の重要性|直腸がんの怖さ【早期発見・早期治療に繋がるがんの知識】

Intestine

40歳以降の女性は必ずしておくべき乳がん検診

乳がん検診の重要性

診察

死亡者数が多いがん

日本では1年間に50,000人以上の女性が乳がんと診断されています。乳がんは、特に40歳〜50歳の女性がなりやすく、この20年間で発生率はおよそ2倍にも増加しています。また、乳がんによって亡くなる女性も多く、その数は1年間に12,000人です。

乳がん検診の大切さ

日本は先進国の中で、唯一乳がんの死亡率が上がり続けている国です。その理由は、他の国では乳がん検診に力を入れているからです。乳がんは早期発見、早期治療を行なえば90%以上は治ります。そのため乳がん検診が普及している先進国では、乳がんによる死亡率が減少しているのです。このことから、乳がん検診の大切さがわかります。

精度が高い2つの検査方法

乳がん検診を受けるなら、精度が高いマンモグラフィや超音波検査を受けるようにしましょう。マンモグラフィ検査は、乳房をプラスチックの板で挟み、X線装置で撮影するというものです。早期がんを発見しやすい、死亡率減少の効果が証明されているなどのメリットがあります。乳房超音波検査は、胸にゼリーを塗って、超音波センサーをあてて観察するというものです。放射線を使わないので身体への負担が少ないというメリットがあります。

広告募集中